My Web道

WEB制作科 受講記録 …とその後も続くWEB制作に関する活動・学習記録です。

【JavaScript】Math.randomでページリダイレクト機能を実装

f:id:sntkk3:20140112105033j:plain

こんばんは。

今日は、JavaScriptのMath.randomで複数のページに均等の確率でリダイレクト実行する機能を作りましたので、ご紹介します。

リダイレクト (3ページに均等・ランダムにリダイレクト)
	<script>
        var url = "";
	 var ua = navigator.userAgent;
        var random = Math.random()
	if( random < 0.34){
		url = "http://01";
	}else if( random < 0.67){
	  url = "http://02";
	}else{	
		url = "http://03";	
	}
	location.href = url;
       </script>
リダイレクト (2ページに均等・ランダムにリダイレクト)
<script>
	var url = "";
	var ua = navigator.userAgent;
	if( Math.random() < 0.5){
		url = "http://01/";
	}else{	
		url = "http://02/";	
	}
	location.href = url;
</script>


ランダムな結果によって、表示されるページが変わります。

なので、
サイコロを振ったり、トランプのカードを引くイメージですね。

出た結果でその解説ページが表示されるようにすると、
おみくじや占いサイトとして応用できそう。

以上、ご参考まで。