My Web道

WEB制作科 受講記録 …とその後も続くWEB制作に関する活動・学習記録です。

WordPress 失敗あるある - URL 変更時の注意点

今日は、WordPressでやってしまいがちな失敗の一つとして、
サイトURLを間違って変更してしまった場合の問題と対処法についてお伝えしていきます。

今回のお話の背景

先日、友人のWordPressサイトが突然正常表示されなくなるという現象が発生し、相談を受けました。
そして、原因・対処法を調べてみたところ、今回の問題に行き着いた次第です。
これは起こりがちで注意が必要と思われたため、共有させていただきます。


WordPressのサイトURLを変更したい時にやってしまいそうな失敗対策WordPress アドレス (URL)は変更すべからず!

WordPressの管理画面には、
WordPress アドレス (URL)」と「サイトアドレス (URL)」の2種類のフィールドがあり、いずれも変更可能な状態になっています。

WordPress アドレス (URL)」と「サイトアドレス (URL)」の違い

WordPress アドレス (URL)」とは、
WordPressがインストールされたアドレスを表しています。

「サイトアドレス (URL)」とは、
WordPressサイトにアクセスする際のアドレスを表しています。

しかし、
WordPress アドレス (URL)」を変更すると、サイトが表示されなくなってしまうので、要注意です。

もし、この「WordPress アドレス (URL)」を誤って変更してしまった場合、

実際、このようなこと↓ になります。
f:id:sntkk3:20180714225259p:plain

あるいは、こんなケース↓ もあります。
f:id:sntkk3:20180715191734p:plain

サイトが表示されなくなることはもちろん、
こうなると管理画面にもアクセスができなくなります。

問題発生のきっかけ

1. ドメイン名/サブディレクトリ の URL変更

レンタルサーバー上で「wp」などのサブディレクトリにインストールした結果、WordPressサイトURLが
ドメイン名/wp 」
となってしまっており、このサイトURLを変更しようとした。

2. WordPress アドレス (URL)を誤って変更

WordPressサイトのURLを変更したい時の対処法の一つに
管理画面の「サイトアドレス (URL)」の変更という方法があり、それを試みようとしたところ、誤って「WordPress アドレス (URL)」の方を変更してしまった。

結果、サイトが正常表示されなくなり、管理画面にもログインできなくなってしまった。


続いて、以下今回行った対処法です。

対処法

やや荒業的ですが、今回は、WordPressに紐づくデータベースの値変更という方法で対応しました。

MySQLデータベースからの変更

(以下、エックスサーバーの例です)

1. レンタルサーバーの管理画面より、WordPressのデータベースにログインします。
(ここでは、phpMyAdminにログインしています)
f:id:sntkk3:20180715191556p:plain

2. phpMyAdminにログイン後の画面にて、該当データベースの「wp_options」をクリックします。
f:id:sntkk3:20180715192319p:plain

3. 表示されたテーブルのレコードから「home」の「編集」をクリックします。
f:id:sntkk3:20180715192228p:plain

誤って変更してしまったURLの値を元に戻します。


以上の方法により、無事サイトが元通り表示されるようになりました。

ご参考まで。