My Web道

WEB制作科 受講記録 …とその後も続くWEB制作に関する活動・学習記録です。

WordPressを手動で任意のバージョンにアップグレードする方法

たまに、WordPressを最新版ではなく「この特定のバージョンにしたい」ってことがあります。
あるいは、環境によっては自動アップデートでは更新できない場合とか。

実際私も今日そんな場面に遭遇し、手動アップデートを実行することになりました。

ということで、今日は、
WordPressを手動で任意のバージョンにアップ(ダウン)グレードする方法について、お伝えします。


WordPress手動アップデート手順】

事前準備:
1. アップデート前に現在のWordPressのバックアップを取っておく。
2. 更新するバージョンを以下より入手しておく。
  (入手した圧縮ファイルはローカルの適当な場所に展開しておきましょう)

 日本語 « リリース — WordPress :
 https://ja.wordpress.org/releases/
 ja.wordpress.org


作業手順:
1. プラグインを停止
2. ファイルを差し替え
3. 差し替え作業完了後、対象WordPress管理画面にアクセス

1. プラグインを停止

現在稼働中のプラグインをすべて停止します。

2. ファイルを差し替え

2.1. 更新対象となる現在のファイル・フォルダを削除
現在のWordPress環境にFTPで接続、
以下ファイル・フォルダ以外を削除します。

  • wp-config.php
  • .htaccess(存在する場合)
  • wp-contentフォルダ
  • wp-imagesフォルダ(1.5.x 以前からのWordPressの場合のみ存在するそうです)

さらに、上記で残した「wp-content」フォルダから、「languages」フォルダを削除します。
※2.0.x からアップグレードする場合には、「cache」フォルダも削除


2.2. 任意バージョンの以下ファイル・フォルダをアップロード

  • languagesフォルダ (wp-contentフォルダ内)
  • wp-adminフォルダ
  • wp-includesフォルダ
  • その他、前述2.1.で残したコアファイル以外のファイル一式
3. 差し替え作業完了後、対象WordPress管理画面にアクセス

データベースの更新を求められるので、実行します。
f:id:sntkk3:20171105122310p:plain


以上で無事完了です。


なお、この手順については、以下参考記事を参考にさせていただきました。

特に、以下、kotoriさんの記事がわかりやすくてとっても参考になります。
kotori-blog.com


ただ、私の今回の実行時、katoriさんの記事にあった以下ファイルについても、差し替えの必要がありましたので捕捉にてご報告しておきます。
・wp-config-sample.php

※最初上記ファイルは存在しなくても影響ないのかと思って削除、新しいアップロード用コアファイルからもアップロードしないで済まそうとしたのですが、WordPressから必要である旨のメッセージが表示されましたため、こちらも改めてアップロードしました。


以上、ご参考まで。


【参考記事】

WordPress のアップグレード/詳細 - WordPress Codex 日本語版

WordPressを手動アップグレードする方法

satokenr.com