My Web道

WEB制作科 受講記録 …とその後も続くWEB制作に関する活動・学習記録です。

Gmail でリマインド(同報)メールを送信する

f:id:sntkk3:20170729234232p:plain


5月13日 以下記事の続編です。
times-diary.hatenablog.com


Yet Another Mail Merge(Chrome 拡張)で、リマインドメール送信

Google Chrome 拡張機能の「Yet Another Mail Merge」を利用すると、Googleメールから一斉同報メールを簡単に送信することができます。
※送信できるのは、一日100件までという上限はあります。


【必要なもの】
1. Chrome ブラウザ
2. Gmailアカウント
3. Gmail
4. Googleスプレッドシート


【準備】
1. Chromeを起動します。

2. Chromeウエブストアで「Yet Another Mail Merge」を検索、インストールします。
chrome.google.com


3. Googleスプレッドシートの参加者リストを開きます。

4. 新規シートを作成し、シート1列目がメールアドレスになるように参加者リストを加工しておきます。
 ( 上記を一斉同報メール送信用に使用します)

5. Gmailで一斉同報メール(今回は参加者リマインドメール用)の件名、本文を作成し、下書き保存しておきます。



【手順】

1. 前述の【準備】で作成したGoogleスプレッドシートの参加者リストを開きます。
 ※あるいは、新規シートで以下手順を進め、手順3後で新規シートに参加者リストをコピー・貼付けしてもOKです。


2. メニューの「アドオン」-「Yet Another Mail Merge」-「メールマージを開始」を選択します。

f:id:sntkk3:20170723195738p:plain


3. 連絡先を設定します

 ※今回は、セミナー参加者リストにあるメールアドレスに送信するため、「Add emails myself」をクリックします。

f:id:sntkk3:20170723195816p:plain


4. 参加者リストの準備

(1) 手順1 で参加者リストから進めている場合には、現在のシートをそのまま使用します。

(2) 手順1 で新規シートから進めている場合には、既存参加者リストのデータを現在のシートにコピー・貼付けします。
この時、シート1列目をメールアドレスになるようにします。

f:id:sntkk3:20170723195841p:plain


5. 現在のシートに参加者データが準備できたら再び、メニューの「アドオン」-「Yet Another Mail Merge」-「メールマージを開始」を選択します。

f:id:sntkk3:20170723195900p:plain


6. 以下ダイアログ画面で「Continue」をクリックします。

f:id:sntkk3:20170723200006p:plain


7. 「送信者名」を設定、「下書き」に対象として作成したメールを選択します。
f:id:sntkk3:20170729221530p:plain


※「Track emails opend,clicked or bounced」のチェックは必須ではありませんが、チェックしておくと送信したメールの開封状況が確認できて便利です。


8. リマインドメール送信実行

(1) 初回は、「テストメールを送信」を実行し、正しくリマインドメールが送信されるか確認します。

(2) 上記(1)テストメール送信確認後、「メール送信」を実行します。

f:id:sntkk3:20170723200049p:plain


9. リマインドメール送信用参加者リストに状況が反映されます。

f:id:sntkk3:20170723200106p:plain