My Web道

WEB制作科 受講記録 …とその後も続くWEB制作に関する活動・学習記録です。

プラグインなし WordPressにカスタム投稿タイプを作成する

f:id:sntkk3:20170812151103j:plain

カスタム投稿タイプ作成方法

WordPressのカスタム投稿タイプという機能を活用すると、
通常の投稿タイプとは区別して記事を作成・掲載していきたい場合に便利です。

カスタム投稿タイプの作成には、以下、「Custom Post Type UI」といった有名で非常に便利なプラグインもありますが、今回は、プラグインなし、function.php に追記する形式で実現する際の手順をご紹介します。

Custom Post Type UI — WordPress プラグイン :
https://ja.wordpress.org/plugins/custom-post-type-ui/

ja.wordpress.org

カスタム投稿タイプ作成方法 (プラグインなし)

【手順】
1. custom.php を作成
 カスタム投稿タイプ作成のためのコードを記述

2. function.php で上記を読み込み
 function.php に、custom.php 読み込みのためのコードを追加

カスタム投稿タイプを追加するには、
以下のコードを funciton.phpに記述すれば良いのですが、
function.phpの後々の肥大化を避けるため、今回は custom.phpという別のファイルを作成し、function.phpで読み込むことにします。

《custom.php

<?php
/*カスタム投稿タイプ*/

// カスタム投稿タイプを作成する
add_action('init', 'add_websites_post_type');
function add_websites_post_type() {

//カスタム投稿タイプ("custom")
register_post_type(
    'custom1', array(
    'label' => 'カスタム記事',   //ラベル名
    'hierarchical' => false, //falseの場合、階層構造なし
    'public' => true,     //通常はtrue
    'has_archive' => true,    //trueでindexページを生成
    'supports' => array(
    'title',         //タイトルの表示を有効に
    'editor'         //本文の表示を有効に
            )
        )
);
//カスタム投稿タイプ(ここまで)

}


《function.php
 function.php には、以下コードを追記して、custom.phpを読み込むようにします。

  require_once locate_template('lib/custom.php');      // その他カスタマイズの関数

※今回は、libフォルダを新規作成し、フォルダ内にcustom.phpを格納しています。


上記方法により、無事カスタム投稿タイプがWordPressサイトの管理画面に反映されました。